冬休み明けから登校しなくなっていた上村君は、事件直前の2月19日夕、スマートフォンの無料通話アプリ「LINE」で、翌日から学校に行くつもりでいることを同級生たちに伝えていた。

 同級生の女子生徒(13)らによると、上村君は19日夕、同じクラスの生徒同士でつくったLINEのグループに、「明日の持ち物なに?」と書き込んでいた。LINEのメッセージは、グループの全員が閲覧することができる。同級生の一人が「特にないよ」と返答すると、上村君から「よしっ、持ち物ないなら学校に行こうかな」とのメッセージが返ってきたという。

 上村君はこの後、同じバスケットボール部員の同級生と連絡を取り、翌朝の登校時に自宅まで迎えに来てもらう約束をしていた。この同級生は20日朝に上村君宅に迎えに行ったが、応対した家族から上村君は不在だと告げられたという。